喜多塾喜多塾
プロクラスプロクラス

2017年6月19日

日本語の音声化で難しいのが、係り受けです。

バスガイド読み、しゃくり上げ、朗誦読み、など昔の音読テクニックだけでなく、

自然な抑揚で表現出来るようになるのが、喜多塾の目標です。

言葉には魂があります。

読み手には、心があります。

これが一つにならなければ、聞いている人の心には届きません。

感情を込めて読み上げても、言葉が亡霊では、不気味なだけです。

一つの単語を「たてる」表現も、必要な場合はありますが、それは文脈を理解した上での話です。

研究室資料室をご確認下さい。

2017年6月19日

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です