自在に言葉を話せるようになる お申し込みはフォームから お申し込みはフォームから お申し込みはフォームから
喜多塾喜多塾
プロクラスプロクラス

  • 夏目漱石
    「こころ」

    俳優の山口雄介さんの朗読、夏目漱石の「こころ」ついに最終回を迎えました。

    2016年8月に第1回目を朗読、65回、1年半の超大作です。

    朗読カフェ 夏目漱石 こころ 山口雄介朗読

    再生リスト 起動回数 5,019  総視聴時間 1,520時間  総視聴回数 18,137
    平均再生時間 18:10

    「いいね」高評価の数も徐々に増えて最終回は、公開から48時間で「25」
    衝撃的な最終回を読み終えて、彼はもう次の作品の準備にかかっています。
    新年からまた、新しいシリーズが始まります。
    ご期待下さい。

  • 土曜クラス

    街と飛行船 リレー通し読み

    プロクラス 再生可能エネルギーナレーション

    聞いて下さい。

★スタジオの場所は西早稲田です。声の教室新スタジオです。

☆★☆LinkIcon声の教室パンフレット☆★☆LinkIconプロクラスはこちら
 

声のSpecialistの為に

人間の声に限界はありません。どんな人でも変わります。
何億円もする楽器も、演奏する人によって、全く違う楽器に聞こえるのです。
身体は楽器です。どんなに優れた楽器をもっていても、それを活かす事ができなければ、宝の持ち腐れです。

喜多塾では、煌めく心を持っている人 ときめく心を持っている人を募集しています。
ドラマやお芝居で舞台に上がれる人、映画やテレビに出られる人は、特別な人だけです。
俳優、声優、アナウンサー、ナレーター、これらは誰にでも、出来る仕事ではありません。
煌めいていなければなりません。ときめく心がなければなりません。普通ではダメなのです。
夢を持たなければなりません。夢の無い人が、お客様に夢を抱いていただく事はできません。
しかし、夢があるだけでは、お客様の前に立つことは出来ません。
アスリートと同じです。
オリンピックで金メダルを取る夢を持つことは誰でも出来ます。
その夢が持てなければ、オリンピックに出ることもできないでしょう。
夢の実現には、練習が必要です。稽古が必要です。鍛錬が必要です。
ドラマやお芝居に出演する、声優や俳優タレントになるためには、オリンピックで金メダルを取る以上の努力が必要なのです。

ガイドブックには載っていないパフォーマンスを

ありきたりの演技・表現・パフォーマンスにはもううんざり!
演技や表現、パフォーマンスの善し悪しを決めるのは、お客様です。
お客様が、劇場に足を運び、あるいは放送やDVDをご覧になって、判定を下すのです。
新人なのに、ありきたりの演技をしていたのでは、お客様からは、すぐにあきられ、あきれられ、あきらめられ、てしまいます。
そして別の養成所探し、その繰り返しです。
ワークショップを渡り歩き、膨大な時間を費やし、気がつけば旬を過ぎ、使い古されたテクニックと、根拠のない自信で肥満した心が、飛躍の道を塞いでいる。
そんな人が大勢います。
ガイドブックやテンプレートをこれ以上増やすのはやめましょう。
発行された時点で、もう古い情報なのです。
日々街は生まれ変わり、新しい道が出来、川の流れも変わるのです。
手書きの地図を作りましょう。世界に一つしか無い貴方だけの地図を描きましょう。
その地図を毎日毎日更新するのです。
喜多塾は、そんな貴方の地図作りの応援をしています。